スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かりんジャム

20081117

かりんジャム
karin_convert_20081117181819.jpg

産直で「花梨(かりん)」を見つけたので買って来ました。
部屋に置いておくだけで、良い香りがするんです。
二個で約1kgありました。

どうするかと言うと・・・ジャム作りです。

レシピはこのページを参考にさせて頂きました。

面白いのは、二種類のジャムが出来ること。
煮出して漉した果汁からひとつ。
そして、煮出した後の果肉からもうひとつ。

karin+jam5_convert_20081117181743.jpg

皮つきのまま、厚めのイチョウ切りにして水に浸けます。(種は取り除きます)
火にかけて煮立ったら中火で20~30分煮ます。
さらしの布巾で漉して、汁と果肉に分けます

汁に砂糖(花梨の30%)を加えて、煮詰めます。
そうすると、不思議な事に茜色に変わります
(その画像は撮り忘れました。ゴメンナサイ)

karin+jam4_convert_20081117181632.jpg

果肉は皮を剥いて、適当に水を加えてミキサーにかけます。

karin+jam3_convert_20081117181708.jpg

こんな感じになります。

karin+jam2_convert_20081117181544.jpg

果肉の量が500gだったので、砂糖は400gにして煮詰めました。

karin+jam1_convert_20081117181522.jpg

手前が果汁を煮詰めた茜色ジャム
後ろが果肉を煮詰めたジャムです。

この後、茜色ジャムが冷めてもユルユルだったので、
もう一度、トロリとなるまで煮詰め直しました。

花梨と言うだけあって、果肉は堅い梨のようにゴリゴリしています。
ですから、ジャムにする時もミキサーにかけるんですね。

とても生で食べる訳にはいかないようですが、
香りがとてもイイので、年に一度は季節のものとして買って来ます。
ハチミツ漬けなどは、喉に良いとも言われています。

実は、昨年もジャム作りにはトライしたのですが、見事に失敗
果汁を煮詰めているのをすっかり忘れて、焦げ臭い匂いで気がついた時には、
鍋ごとまっ黒! ジャムはともかく、鍋を復活させるのに必死でした。(泣)

今年は何とか出来上がってホッとしました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

ままさこ

Author:ままさこ
菜食中心の生活です。畑で野菜も作っています。
食を通じて地球環境を考えてゆけたら、と思います。
田舎暮らしの様子はコチラ
http://matsumaru.exblog.jp/

フォーマルなロングドレスや
ワンピース差し上げます。
サイズは9号(M)。
色やデザインは各種。
御希望の方は非公開コメントでお知らせ下さい。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。